街の迷惑者・世の厄介者どもよ、お天道様は見ているぞ!
自転車マナー①

 若い母親がケータイに視線を落としながら自転車を運転していました。前に乗せている幼児はヘルメットも着けていません。ここは住宅街の裏通りですが車も頻繁に通り、脇から子供が飛び出してくることもあります。向こうからこの自転車がやって来るのを見た老人が立ち止まって道をあけたことなど、この女の視界にはまったく入っていないようでした。

 警視庁が自転車の歩道走行を徹底して取り締まる方針を固めたそうですが、そのためには自転車レーンの整備・確保など大掛かりな準備が必要なわけで、その前に、運転中のケータイ使用をもっとビシビシ取り締まってくれーっ!

スポンサーサイト

[2011/10/21 16:20] | 自転車
トラックバック:(0) |

アクロバット運転?
笹爺
危ないのはママチャリだけではないんですよ。
先日、雨が降っているにも関わらず、自転車に乗った中学生らしきガキが、片手に傘を差して携帯をいじりながら目の前をさっそうとすれ違いました。

まるでサーカスのアクロバットのように器用に自転車を運転する姿に呆気に取られて口が開いたまま見送ってしまいました。(笑い事ではないですよね)

器用なものですね。
大黒天
 笹爺さん、はじめまして。(笑)
 
 未成年者の自転車が女性に傷害を負わせて5千万円もの賠償金を命じられたことがあります。
 器用な子(?)を持つ親たちに、こういう事例を知って欲しいです。

コメント:を閉じる▲