FC2ブログ
街の迷惑者・世の厄介者どもよ、お天道様は見ているぞ!
 中国の成都で開催されていたサッカー男子のユース大会「パンダカップ」で優勝した韓国U-18(18歳以下)チーム。
 選手のひとりが優勝トロフィーを踏みつけて記念写真を撮ったことが批判を浴び、トロフィー没収・優勝剥奪の処罰を受ける事態となった。
韓国U-18

 元々、韓国にはスポーツマンシップなど存在しない。
 国際大会に政治を持ち込むルールを無視して、勝つためなら暴力も厭わない。対戦相手へのリスペクトを知らず、勝って驕る。
 それが韓国の国民性なのだ。

 
 今回の事態を受けても、韓国は変わらないであろう。
 韓国が今後、一切の国際大会から排除されたにしても、彼らは被害者意識を募らせるばかりで、国際常識を理解できないであろう。
スポンサーサイト




[2019/06/01 04:17] | 韓国
トラックバック:(0) |
 10月30日、第2次世界大戦中に強制労働をさせられたとして韓国人4人が新日鉄住金を相手取り、損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審で、韓国の最高裁に当たる大法院は、同社の上告を退ける判決を言い渡した。
これにより、4人に合わせて4億ウォン(約4000万円)の支払いを命じたソウル高裁の判決が確定した。
韓国最高裁

日本政府は、元徴用工への請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場。
請求権協定をめぐる日韓交渉で、韓国側は「個人への支払いは韓国政府の手でする」と主張した。そして実際、韓国は1975年に元徴用工への補償を実施し、2008年から追加補償も行っている。
徴用工問題はすでに決着済みだと韓国も自覚していたのだ。
にもかかわらず、韓国政府はこのことをしっかり国民に伝えて来なかった。
 
国民に反日教育を施し、司法はその国民情緒を優先して、平気で国家間の合意を反故にする。
いままで何度も国際常識をひっくり返された日本は、今度こそ毅然とした対応をしなかったら永遠に韓国にたかられる。

断交、大いにけっこう!

韓国が国際社会から相手にされず滅びようとも、それは彼らの異常な国民性が選んだ道だ。

韓国国民が知らない「徴用工」
http://ur2.link/N8nJ


[2018/11/01 09:23] | 韓国
トラックバック:(0) |
平昌冬季五輪・ノーマンヒル予選を通過した葛西紀明選手のブログより。

「22時丁度のバスが待てど暮らせど来ない!
o(`ω´ )o
気温は–14℃
他のチームはとっくの昔に帰っちゃって、日本チームだけ取り残される。
しかも40分も!!o(`ω´ )o
開会式の練習だと言い聞かせながら耐え忍んでましたが、マジでなまら寒かった(*_*)」

5日には「部屋に入ったら暖房が壊れていた」とも葛西選手が伝えています。

葛西


   嫌がらせですか?

   彼の国なら、やりかねない。




[2018/02/09 06:23] | 韓国
トラックバック:(0) |
 9日、朴クネ第18代大統領の弾劾訴追案が可決された。

朴クネ弾劾

 それにしても、歴代韓国大統領の末路はどうしてこうも異常なのか。
 自殺、暗殺、死刑(判決)、収賄逮捕等々。

 李 承晩(イ・スンマン)初代~3代 4・19革命で失脚、アメリカに 亡命。
 尹 潽善(ユン・ボソン)第4代 クーデターで失脚。
 朴正煕(パク・チョンヒ)第5代~9代 暗殺。
 崔 圭夏(チェ・ギュハ)第10代 約8か月間在任。特段の醜聞無し。
 全斗煥(チョン・ドゥファン)第11代~12代 退任後に逮捕。死刑判決も減刑、特赦。
 盧泰愚(ノ・テウ)第13代 退任後懲役判決も特赦。
 金泳三(キム・ヨンサム)第14代 任期で退任。経済政策失敗。
 金大中(キム・デジュン)第15代 任期で退任。親族5人逮捕。
 盧 武鉉(ノ・ムヒョン)第16代 投身自殺。
 李 明博(イ・ミョンバク)第17代 退任後、相次ぎ告訴。
 
 これは、大統領自身に問題がある。というよりも、韓国の国民性に問題があるのではないか。
 彼らは「怨念」「憎悪」「復讐」といった負のエネルギーを持ってすべてに対抗する。それを善しとする風土だ。
 激高しやすい心性。そして、いったん炎上した国民感情はどこまでも爆走する。例えその先に滅亡が待ち構えていようとも。

(韓国人が)
 「倫理的・霊的に生まれ変わることを望む」

 これは2014年4月に訪韓したローマ法王の言葉だ。


[2016/12/10 11:27] | 韓国
トラックバック:(0) |
安倍総理0927

9月27日 ハンギョレ新聞
「安倍首相は26日午後、日本の国会第192回臨時国会の開会式で行った『所信表明』演説で、『韓国は、戦略的利益を共有する最も重要な隣国であり、未来志向、相互の信頼の下に、新しい時代の協力関係を深化させていく』と明らかにした。 しかし、2014年まで使用していた『基本的な価値を共有する国家』という表現は、今回も使わなかった。


当然です。
たかりを恥とも思わない韓国は、基本的価値観がまったく違います。

 韓国紙のこの記事には、「日本へのコンプレックス」が透けて見える。

[2016/09/28 07:36] | 韓国
トラックバック:(0) |