FC2ブログ
街の迷惑者・世の厄介者どもよ、お天道様は見ているぞ!
19日午前0時、前夜の福田次官辞任の報を受けてテレビ朝日が緊急会見をした。これをライブで伝えたのは他局。テレビ朝日は自局で中継しなかった。
奇妙である。
テレ朝会見

テレビ朝日が会見で公表しなかった、セクハラされたとする女性記者の名前が判明した。“被害者”はテレビ朝日・進優子記者。これは民進党18日の定例会見でフリー記者・堀田喬氏が暴露したもの。
進優子記者のセクハラ被害の訴えを却下したとされる上司の名前も判明。松原文枝氏。夫は朝日新聞政治部長・立花朗氏。いずれも反安倍・倒閣報道で活躍(暗躍?)して来た面々。

テレビ朝日は緊急会見で“被害者女性”の二次被害を防ぐため女性部分の会話音声は公開できないとした。しかし、ここまで明らかになったいま、元のテープを公開できない理由はない。テレビ朝日が捏造疑惑・ハニトラ疑惑を払拭するためには、編集なしの全編の記録を公開すべきであろう。福田次官も(セクハラしたか、していないか)「編集していない音声を聴けばわかる」とセクハラを否定しているのだから。

そもそも“被害者”女性の主張には、つじつまの合わないことばかりだ。
我が身を守るための録音なら、ICレコーダの使用を明らかにして取材した方が、相手はセクハラができないはず。一年半も前から男性と1対1で会食するのも常識では考えられない。そして「卑劣」と言わざるを得ない隠し録り。ホリエモンこと堀江貴文氏も以前、同記者の隠し録りに遭ったことがあるとの情報がネットに飛び交っている。
さらに第三者(週刊新潮)への垂れ込み。これを「セクハラが黙殺される危機感から」リークしたというのは、倒閣運動の主体者(テレビ朝日)を隠すための口実だと思われてもしかたのないことだ。

福田氏は「今後は裁判で明らかにしたい」と明言した。
福田氏は、音声記録が司法の場で明らかにされることを望んでいる。

スポンサーサイト




[2018/04/21 17:57] | 未分類
トラックバック:(0) |