FC2ブログ
街の迷惑者・世の厄介者どもよ、お天道様は見ているぞ!
 中国の成都で開催されていたサッカー男子のユース大会「パンダカップ」で優勝した韓国U-18(18歳以下)チーム。
 選手のひとりが優勝トロフィーを踏みつけて記念写真を撮ったことが批判を浴び、トロフィー没収・優勝剥奪の処罰を受ける事態となった。
韓国U-18

 元々、韓国にはスポーツマンシップなど存在しない。
 国際大会に政治を持ち込むルールを無視して、勝つためなら暴力も厭わない。対戦相手へのリスペクトを知らず、勝って驕る。
 それが韓国の国民性なのだ。

 
 今回の事態を受けても、韓国は変わらないであろう。
 韓国が今後、一切の国際大会から排除されたにしても、彼らは被害者意識を募らせるばかりで、国際常識を理解できないであろう。
スポンサーサイト




[2019/06/01 04:17] | 韓国
トラックバック:(0) |