街の迷惑者・世の厄介者どもよ、お天道様は見ているぞ!
 29日、田原総一朗氏らジャーナリスト有志が高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議した。その記者会見で、TBS系報道番組「NEWS23」アンカーを務める岸井成格氏が、「公平・公正という言葉にみな、だまされてしまう。でも、政治的公平は、一般的な公平・公正とは全く違う」「権力は絶対に腐敗し、暴走する。それをさせてはならないのがジャーナリズムの役割だ」「政治的公平を判断するのは国民であり、事実をチェックするメディアだ」と訴えた。
岸井氏0229

 もしもし、岸井さん。新聞とテレビは違うのですよ。テレビは電波を割り当てられており、放送法4条で「政治的公平」を定められているのですよ。もちろん岸井さんが知らないはずはないが。
 TBS「NEWS23」での安保報道をめぐるあなたの発言は新聞なら許されても、公共の電波で流すのは著しく偏向した報道となるのです。プロパガンダしておいて、これを「ジャーナリズムの役割」などと吹聴するのは論点を逸らすものです。視聴者が公平に判断できるように、あなたが「左」の発言をするなら、「右」のコメンテーターも用意しなさいということです。

放送法 第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

スポンサーサイト

[2016/03/01 05:27] | 売国行為
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: