街の迷惑者・世の厄介者どもよ、お天道様は見ているぞ!
 東京都の舛添要一知事が政治資金の「公私混同」疑惑について、「厳しい第三者」である元検事の弁護士による調査報告書の内容を公表した。
 政治資金流用疑惑のひとつ、東日本大震災の翌日に上海で購入した「シルクの男性用中国服2着」の調査結果は――
舛添

 調査に当たった「厳しい第三者」佐々木善三弁護士の答え。
「3万5000円程度、筆、すずりということだった。シルクの服は舛添氏は『書道の際に使うと筆がスムーズ』と説明、実演し、説得力はあった。服も当日使ったか分からないが、墨汁で汚れている。政治活動にも役立っており、不適切とは言えない。」

 
     爆笑!


スポンサーサイト

[2016/06/09 06:36] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: