街の迷惑者・世の厄介者どもよ、お天道様は見ているぞ!
千葉県迷惑防止条例

 先頃、千葉県の電車内で女性を隠し撮りしたとして男が逮捕されました。それが、スカート内でも撮ったのかと思ったら、居眠りしていた女性の上半身を「かわいかったので」ケータイで撮って逮捕されたのだそうです。そして、お気の毒にも男の勤め先と実名まで公表されてしまいました。厳重注意で済ませられなかったのか、世知辛い、何とも恐ろしい世の中になったものです。
 これで逮捕されるなら、千葉県では人の写る街頭風景も撮ってはならないということで、お祭りや様々なイベントを撮ったとき等、もしも被写体の一部が「とても恥ずかしい」とか「不安を覚えた」などと訴え出たなら逮捕されてしまうのです。

千葉県迷惑防止条例 3条2項
「何人も、女子に対し、公共の場所又は公共の乗物において、女子を著しくしゆう恥させ、又は女子に不安を覚えさせるような卑わいな言動をしてはならない。男子に対するこれらの行為も、同様とする」

 電車内のこの一件が、男女逆の立場だったならどうだったでしょう。例えば、酔っ払ったオヤジがだらしなく居眠りしていてそれを女性が撮ったなら、はたしてこの条例は同じように適用されたでしょうか。
 100%ありえませんね。オヤジが「著しく羞恥心を覚えた。訴える!」などと憤慨したにしても、警察から「まあまあ、相手は将来ある若いコなんだから」などと説得されて、却って大恥かいて終わりでしょう。
 女子トイレがいっぱいなため、オバサンが男子トイレに駆け込んで来る光景を何度も見かけたことがありますが、あれが逆だったら男はたちまち逮捕されてしまうわけで、世の中はなんと不条理なことか。

 今回の事件は明らかに条例の拡大解釈です。公権力の乱用です。こうした条例解釈が通るなら、警察の権力は理不尽にいくらでも増大するでしょう。

スポンサーサイト

[2011/10/31 18:24] | 盗撮
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/12(Sat) 17:51 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: