街の迷惑者・世の厄介者どもよ、お天道様は見ているぞ!
 12日、『アンネの日記』を破っていた容疑者が捕まりました。男の供述通り破った本の紙片が見つかり、容疑者に思想的背景はうかがわれないそうです。
 さて、犯人が捕まる前の『サンデーモーニング』。関口宏氏は「『アンネの日記』が破られたのは日本の右傾化のせい」だとしていました。田中優子氏も「親ナチ的な人々が、かなり活性化しているのかなと思います」と、まだ犯人が捕まっていないにもかかわらず先走った妄言を披露し、さらにはヘイトクライムやナチスとも関連付けて発言していました。
田中優子

 そして容疑者が捕まった後、本日15日の放送では『アンネの日記』を破った男が再逮捕されたと簡単に伝えたものの一言の論評もありませんでした。それまで、サンデーモーニングが言うところの“右傾化”にさんざん罪を被せておきながら、容疑者に政治的背景がないと分かった途端、口を拭っておしまい。
 何たる卑劣。何たる厚顔無恥。
 それとも、自分たちが妄想に凝り固まっているとは微塵も思っていないのか。

 放送法に「政治的に公平であること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と謳ってありますが、この番組が揃えている解説者はすべて反日・反保守の左翼コメンテーターで、中韓のプロパガンダに勤しむ人たちばかりです。『TVタックル』のような“左右”の意見を戦わせることはしません。

 これまでも『サンデーモーニング』の問題発言は数知れず、昨年9月、東京オリンピック招致が決まって日本中が歓喜の渦に包まれていたときなど、関口氏はゲストの川合俊一氏に「東京に決まって嬉しかったですか?」「従軍慰安婦への補償が先でしょ?」とのたまっていました。いったい、どこの国の放送局なのか。

 この番組の毎度のパターンとして、関口氏は日本を(あるいは安倍総理を)貶した後に決まって、暗鬱な表情をしながら呆れて見せます。いかにも「(日本が)なげかわしい」という風に。
 何様のつもりか。
スポンサーサイト

[2014/03/16 09:58] | 未分類
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/21(Fri) 07:53 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: