街の迷惑者・世の厄介者どもよ、お天道様は見ているぞ!
 韓国憲法裁判所は23日、日本の朝鮮半島統治時代に動員された軍属の遺族が未払い賃金の支給を求め、さらに「日本政府と日本企業に個人が財産権を主張できないのは、財産権の侵害であり違憲だ」とする訴えを、「(訴えの)適法要件を満たしていない」として違憲性についての判断はせず却下した。
朝日新聞 社旗

 これを伝えた朝日新聞。
「今回の訴訟は、日本統治時代に朝鮮半島から徴用されて日本企業で働かされた韓国人の遺族が原告となった……」


 この報道で、朝日が他紙と違うのは「日本企業で働かされたの部分。読売、産経はもちろんのこと、毎日新聞でさえもこのような偏向表現はしていない。

 戦時中の徴用は朝鮮人に限ったものではなく、国家総動員の中での一つとしての徴用であったのです。朝日は、朝鮮人だけを被害者としてピックアップして、日本をどうしても悪者にしたいらしい。

 実に、せこい。そして卑劣。
 朝日はこうした狡猾・悪辣な報道手法を繰り返して、読者に誤った歴史認識を植え付けて来たのだ。


スポンサーサイト

[2015/12/25 10:51] | 朝日新聞
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: